アップルマンゴー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

●アップルマンゴー

アップルマンゴーとは、アーウィン種の俗称。 日本での栽培の96%はすべてこれであり、他の種は、日本人にはさほど好まれない。

買い手と、作り手が一致した種がアップルマンゴー。 キーツやキンコウは大きすぎ、1本の木に沢山実がならない、それに、熟する時期が確認づらい上に大きくて買い手が少ない、流通ルートに乗りにくい。

しかし、近年は品種改良されたのか、赤いキーツに、赤いキンコウ(金皇)が在る。 しかし、いずれにせよ、アーウィン種には勝てないであろう。

JA宮崎は、アーウィン種で、糖度15度以上、重さ350g以上の特秀・赤秀の完熟マンゴーに「太陽のタマゴ」というブランドを付けて販売している。小売り価格が通常ひとつ5000円以上する高級品である。


お役に立てたら…
ランキングへ!



マンゴープリン大好きブログ♪トップページ




ペリカンマンゴー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

●ペリカンマンゴー

※下の画像はマンゴーですが、品種は不明。
(ペリカンマンゴーの例ではありません)
取寄せ|マンゴー

日本で売られるペリカンマンゴーは主にフィリピン産である。外観は黄色く、他の品種と比べると酸味がやや強い。ペリカンという名は、実が扁平であり、ペリカンのクチバシに形が似ているためである。


お役に立てたら…
ランキングへ!



マンゴープリン大好きブログ♪トップページ



インドのマンゴー・アルフォンソマンゴー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

●インドのマンゴー

アルフォンソマンゴー - マンゴーの王様と呼ばれ、3月から5月にかけて実り始め7月頃に終わる。
甘く特有の香りがある。
雨期の数ヵ月前に数日間雨が降り、その雨により一気に熟する。この雨をマンゴー・レインと呼びデカン高原では4月中旬から5月初旬に降る。雨期が始まる6月中旬で、アルフォンソマンゴーの季節は終わる。
デバ・ガット産のアルフォンソマンゴーが最高だと言われ、実が大きく味が濃い。
最近は化学肥料を使い、大きな物が他の地方でも作られるが、大きいだけで味は薄くデバ・ガット産の物にはかなわない。デバ・ガット産でない場合は、子ぶりな化学肥料を使わないものの方が味が濃くおいしい。


お役に立てたら…
ランキングへ!



マンゴープリン大好きブログ♪トップページ


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。