食材としてのマンゴー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

●食材としてのマンゴー

熟した実を、中心にある種に沿って切り、生のまま食用にするのが一般的だが、ジュース、ピューレー、缶詰、乾果(ドライマンゴー)などにも加工される。果肉またはピューレーを使い、ゼラチン、砂糖、生クリームなど他の材料を合わせたゼリー(香港のマンゴープリンが有名)、ムース、ケーキ、シャーベット、スムージー、グミなどの洋生菓子も盛んに作られている。また、未熟果を塩漬け、甘酢漬け、チャツネにする。東南アジアでは未熟果を炒め物などの料理に使用している。ウルシ科の植物であるため、人によっては漆かぶれと同様の食物アレルギーを起こすことがあるので、特に漆かぶれを起こしやすい体質の人は注意が必要である。栄養面では、特にビタミンAやβ-カロテンが多い。


お役に立てたら…
ランキングへ!



マンゴープリン大好きブログ♪トップページ



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。