マンゴーの生産地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

マンゴーは、ウルシ科マンゴー属に属する樹木、もしくはその果物。南国のフルーツの代表的なものの一つ。学名はMangifera indica L.。

●植物学上の特長と分布

原産地は、インドからインドシナ半島周辺と推定されている。そのうち、単胚性(一つの種から一個体繁殖する)の種類はインドのアッサム地方からチゴッタン高原(ミャンマー国境付近)辺りと考えられ、多胚性(一つの種から複数の個体が繁殖する)の種類はマレー半島辺りと考えられている。インドでは4000年以上前から栽培が始まっており、仏教の経典にもその名が見られる。現在では500以上の品種が栽培されている。インド、メキシコ、フィリピン、タイ、オーストラリアが主な生産国で、日本では宮崎県、鹿児島県、沖縄県、和歌山県で主に栽培されている。

マンゴーの木は常緑高木で、樹高は40メートル以上に達するが、開花・結実時期は地方により差がある。枝の先端に萌黄色の複総状花序を多数付ける。花粉は主としてクロバエ科などのハエによって運ばれ、受粉が行われる。実は系統によって長さ3〜25センチ、幅1.5〜15センチと大きさに開きがあり、その形は広卵形とも勾玉形とも評される。果皮は緑色から黄色、桃紅色などと変異に富むが、果肉は黄色から橙紅色で多汁。果皮は強靱(きょうじん)でやや厚く、熟すと皮が容易に剥けるようになる。未熟果は非常に酸味が強いが、完熟するとほとんど酸味は無くなって甘みが強くなり、松脂に例えられる独得の芳香を放つ。


お役に立てたら…
ランキングへ!



マンゴープリン大好きブログ♪トップページ


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。